生理不順を防止するために女性ホルモン薬について

生理不順に効果のある薬にはどんなものがあるのでしょうか?
女性は卵胞ホルモン(Estrogen)と黄体ホルモン(progesterone)の2種類の女性ホルモンをもっています。これらのホルモンが不足していたり、平衡がくずれたりすると、生理に異常をきたし生理不順になってしまうんです。

そこで女性ホルモンを周期的に補足し、生理不順を防止するために使われているのが女性ホルモン薬のピルです。ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモンの配合薬です。上手に薬を飲むことで、ホルモンを抑える、体を正常な生理周期にもどして生理不順を解消してくれます。

ピルを使用することで体内のホルモン状況が一時的に変化するため、始めは吐き気などの薬の副作用に悩まされます。しかし、体が慣れくるにつれてどんどん軽くなるので、それほど不安なはいりませんよ。そして、女性ホルモンのひとつである、黄体ホルモンを補足できる黄体ホルモン薬もあります。この薬は黄体ホルモンの不足や平衡のくずれから起こる生理不順、無月経、不妊症に使われます。

さらに、生理を停止しまうPRL(Prolactin)というホルモンをおさえる働きがあるdopamine作動薬というのもあります。高PRL(Prolactin)による排卵障害や無月経に使われます生理不順の原因は人それぞれです。まずは病院などで血液検査をし、不足しているのが両方のホルモンなのか、黄体ホルモンだけなのかを把握することも大切です。黄体ホルモンだけなら、それを薬で補足すればいいですし、そうすることで副作用の危険性もぐっと下がりますよね。

女性にとって生理は健康の指標でもあるんです。ですので、順調にあった生理がなくなったり、生理不順かな?と感じたりしたときは早めに婦人科をたずねて、あなたにあったお薬を処方してもらってくださいね!

オススメ:

ホルモン剤通販|不妊治療|生理不順

モデュスは女性ホルモンの「黄体ホルモン」を補うお薬です。代表的な黄体ホルモン剤プロベラのジェネリック医薬品です。黄体ホルモンの不足やバランスのくずれで起こるたくさんの症状を改善します。

クロミッド・ジェネリックは、排卵を誘発する不妊治療薬です。主成分のクロミフェンクエン酸塩は、服用することで性腺刺激ホルモンの分泌を促し、次に卵胞の成長をサポートし、排卵へ導きます。